- Hide menu

プロフィール

1991年

国立音楽大学入学。在学中よりソリスト、室内楽、主要オーケストラのゲストコンサートマスターとして各方面で活躍。

1995年

同大学を首席で卒業、同時に矢田部賞受賞。徳永二男氏と共演。読売新人演奏会に出演。

YAMATO弦楽四重奏団(94年結成)のメンバーとして、大曲(おおまがり)音楽祭グランプリ・松尾学術振興財団より特別奨励賞・大阪国際室内楽コンクールファイナリスト・FMリサイタル・新日鉄コンサート「プロミシング・アーティストシリーズ」等に出演。

1996年

22歳の若さで新星日本交響楽団副コンサートマスターに就任。2年後、同楽団のコンサートマスターに就任。

2000年

世界初録音となる山田耕筰の弦楽四重奏曲のCDをリリース。

中岡太志氏(ピアノ)、松原孝政氏(サックス)と共に“トリオ・リベルタ”を結成。ピアノ・ヴァイオリン・サキソフォーンというその新しいスタイルのピアソラ演奏は、クラシックの枠に留まらず「横濱JAZZプロムナード」への出演や「M’s(マサちゃんズ)」との共演など、ジャンルを越えて幅広い活動を展開している。

2001年

4月より神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・コンサートマスターに就任。

10月 故羽田健太郎氏(ピアノ)、村井将氏(チェロ)と“トリオ・アパッショナート”を結成。

2002年

神奈川フィル第184回定期演奏会でR.コルサコフ「シェエラザード」を演奏し、大好評を得る。

 

2003年

ソロ・デビュー・アルバム「情熱のヴァイオリン〜Violin Appassionato〜」をリリース。

2004年

神奈川フィル第212回定期演奏会でハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲(指揮:現田茂夫)を演奏し大好評を得る。

2005年

2ndアルバム「Dolce Violin〜優美なるヴァイオリン」をリリース。

ピアニストの及川浩治氏、チェリストの石川祐支氏と“Bee(びぃー)”を結成。デビュー公演は満席、急遽追加公演が行われた。同年10月 兵庫芸術文化センターオープニングシリーズに出演。翌年より本格的に活動を開始し、全国各地で演奏。目でも耳でも楽しめる“トリオ・パフォーマンス”は、活動を広げ各方面から注目されている。

2006年

3rdアルバム「Pure Violin」をリリース。

東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C(バッハからコンテンポラリー)」に出演。

神奈川フィル第226回定期演奏会でフィリップ・グラスのヴァイオリン協奏曲(指揮:下野竜也)を演奏し、大好評を得る。

2007年

村井将氏(チェロ)、下森佳津美氏(ピアノ)らと「Hyper Classic」をリリース。

2008年

YAMATO弦楽四重奏団による、「弦楽四重奏のための日本民謡」がリリース。
7月、山本裕康氏(チェロ)とのDVD『Duo』が発売される。
10月、神奈川文化賞未来賞受賞。

2009年

「ブラームス/ヴァイオリンソナタ全曲集(2009年1月ライブ録音)」をリリース。

2012年

横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞

2014年

硬派弦楽アンサンブル「石田組」を結成

その他にもソリストとして、ラロ、ブルッフ、サン=サーンス、メンデルスゾーン、ハイドン、バッハ(2番)、モーツァルト(4番)、バーバー、ベートーヴェン、シューマン(以上ヴァイオリン協奏曲)、ブラームスの二重協奏曲、ヴィヴァルディ/四季、モーツァルト及びハイドンの協奏交響曲、ベートーヴェン三重協奏曲などを共演、いずれも好評を博す。

その豊かな音楽性は、「繊細で優美な音楽をさらにきめ細やかに表して、浄化された深い詩情が香り立つ魅惑的な演奏」(音楽の友)など、各方面から高く評価されている。

絶大なる人気を誇る、今最も注目されている音楽家の一人である。

使用楽器

Tononi(トノー二)1690年製